空(くう)を感じる会(in 奈良)のご案内(2017年6月15日)

  • 2017.05.25 Thursday
  • 15:40

 

 〜 関西(奈良)でのイベントのお知らせです。 〜


(写真 慈光院 公式ホームページより)

 

------------------------------------------------------------------------------------------


 1663年に片桐石州が、父の菩提寺として建立した禅宗のお寺、「慈光院」。

片桐石州は、茶道石州流の開祖で、四代将軍の徳川家綱や水戸光圀に茶の湯を

教えた方だそうです。そして「慈光院」は、茶の湯の席に招いた客人をもてなす

ために、参道から庭園の隅々まで、どこも計算されつくして造られているといい

ます。

 今回、この先人の思いが詰まった素晴らしい環境の中で、先人たちが何を思って

このようなものを創造したか、未来の私たちに何を残そうとしていたか等を、美味

しい抹茶や伝統の精進料理をいただきながら、宇宙の法則に意識を向けていきたい

と思っています。

 宇宙の法則を理解する、ということは、見えないものを理解しようとする心では

ないでしょうか。法則は見えないけれど、先人たちが残した結果をみて、原点であ

るその心に意識を向け想像する。万象万物の奥に秘められた意識を想像すること、

つまり片方付いていない心の動きこそが交流で、交流だからこそ、全ての大元である

生命エネルギーを呼び込んでくることができると思います。

 法則を知ることは何より大事です。なぜかというと、運命を変えることができる

からです。原点である見方や考え方が変わると結果が変わってきます。有限である

人間基準の見方から、無限である宇宙基準の見方に変えると、法則が後押しして

くれるのではないでしょうか。また、人生から天生へと、運命の軌道修正する人が

増えることが、何よりの地球の浄化だと思います。

 昨年3月に前理事長である飯島さんが亡くなってから、自問自答を繰り返して

出てきたこと、知識ではなく知恵として出てきたことをお伝えしていきたいと

思っています。


 飯島さんは、「あたりまえの世界」の実現と言っていました。

あたりまえの世界とはどういう世界でしょう。

どんな人にもその人にしかできない役割があります。

この会に参加してくださった方が、その自分にしかできない役割に気づき、

大きな一歩を踏み出していけるきっかけになるような会になればと思っています。

                    一般財団法人テネモス国際環境研究会
                           理事長 釘本 ひろみ

------------------------------------------------------------------------------------------
 
 私は建築の設計監理と言う仕事を通して、いつも「もの」、や「空間」と向き合

ってきました。
近頃は古の日本人の真髄に触れるために、あちこちの古建築や庭園を頻繁に訪れ、

現代建築の次元とは全く違う、調和の取れた形や美しさを味わっています。

 それらのものからは、宇宙や地球、周りの自然と共生しながら生きている人々の

思想がはっきりと読み取れます。
特に、自分の「存在する」空間に「庭という場」をつくって、月や太陽、星などの

宇宙と自分の関係性を感じながら、地球の山川など、自然の美しさをその「庭という場」

共振させて、その場のエネルギーを増強させていたように感じます。

 私たちはこの3次元の世界で生活していると、この世は眼に見える「もの」で

出来ていると思ってしまいがちです
しかし、物理学の世界でも証明されるようになってきましたが、その「もの」は

突き詰めていけば、振動、波動なのです。
そう考えてこの現象界を見ていくと色々な事象の関係性や法則が解けてくるように思います。

 また、宇宙の大部分はフラクタル(自己相似形)になっていることが分かって

きたことも興味深いことですし、「自分の想念が結晶化して現実をつくる」ということも、

から宗教の教義にはありましたが、最近はいろいろな方が口にするようになってきました。
これらのことを合わせて考えると、日本の古の人々が自分の住まいの中の 

庭園造りになぜ力を注いできたかが分るような気がします。
 
 特に「禅の庭は心を磨くためのものであった」といわれていることの意味が分って

くるような気がします。
また、それはとりもなおさず、自分のためだけではなく、宇宙に共振して全ての波動を

上げることになるのではないかと思います。

 現在、慈光院は借景となるべき美しい山河や田畑の姿が戦後の乱開発によって

失われており、全体としては元の姿を留めておりませんが、寺の絶え間ない努力によって、

地内には当初の美しさが残っております。


釘本さんのお話を基に、本来あるべき姿の庭のお話も交えながら、皆様と真理について

語り合いたいと思います。
                
                              羽木 みどり

 

------------------------------------------------------------------------------------------

 

「宇宙の真理」を説いておられた飯島秀行先生は昨年三月に急逝されましたが、

その魂を継承する一般社団法人テネモス国際環境研究会理事長 釘本ひろみさんは

飯島先生の「真理伝承」を引き継がれ、全国各地を回っておられます
今回、生き方の原点を踏まえた「自然の法則」について, 
「自然と一体になって生きる」という意識を持って造られた慈光院の美しいお庭を見ながら、

お話いただきます。
そのお話を基に、皆で「自然の法則の真理について」ゆっくりと語り合いましょう。
 


講師  一般社団法人テネモス国際環境研究会理事長 釘本ひろみ

コーディネーター  羽木 みどり 

日時 2017年6月15日(木)

集合時間 9時30分  
    (参考 JR難波8時54分発→ 大和小泉9時29分着)

集合場所 JR大和小泉駅
     集合後 タクシーで慈光院に移動します。

昼食  慈光院にてお庭を眺めながら精進料理をいただきます。

会費  8000円
拝観料(1000円)、精進料理「松花堂」(3800円)、込み

定員  10名

申し込み メール arkstudio1@ybb.ne.jp 
     または FAX 06-6796-0107

連絡先 羽木 みどり  携帯090-8160-8626


慈光院  奈良県 大和郡山市 小泉町 865番地  
          TEL 0743−53−3004  

http://www1.kcn.ne.jp/~jikoin/

※終了時間や後の工程は参加者のご要望により調整いたします。


------------------------------------------------------------------------------------------

 

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM