自然の心

  • 2017.09.09 Saturday
  • 11:50

 

昨日の続きです。

 

人間が作った、不自然なものが、病気を作ってしまった・・

 

不自然なものをつくると、自然の放出力(分解して空にもどっていく力)

がはたらきます。

 

放出力も、同じ自然の力ですが、放出力の環境にいると、

物質からエネルギーがでていってしまいます。

 

人間が作った街は、都会になれば都会になるほど特に・・

放出力のしくみで作られています。

 

放出力とはいっても、変化がすぐわかるわけではありません。

エネルギーが出ていっている、なんて感じないくらいの放出力です。

 

都会の街は、鉄やコンクリート、いろいろ人間の知恵で作られた素材で

出来ていて便利です。

 

なくなったら困るし、よいところもたくさんあるのですが、放出力は放出力。

 

でも、意識せずに、放出力の環境の中にいると、人間本来の感覚が薄れ、

本来持っている力も弱まってくるように思えます。

 

だんだんと体からエネルギーが出ていくから、イライラしたり、不安になったり、

病気になったりするのはあたりまえです。

 

 

 

やはり、宇宙(自然)の法則を知ることが何より大事だと思います。

 

 

法則を知ることは、自然とは何か、不自然とは何かを知ることともいえます。

 

そうすると、自分で意識して、行動を変えることができるようになります。

ちょっと体に不自然な状態、違和感を感じたら、自分で自然に戻そうという

意識がはたらいて、エネルギーが入ってくるような行動をとるようになると思います。

 

病気を悪者扱いしてしまいますが、病気とて、自然治癒力。

自然治癒力がはたらく前に、意識という原因をコントロールしてみる。

結果、習慣が変わり、結果が変わってくる。

 

自分の意識という自然治癒力を意識してはたらかせることで、

病気にならない結果(体)がつくられる。

 

病気に限らずどんなことも、法則を知り、エネルギーが吸引されることをこころがければ、

最初からエネルギーがでて行くようなもの、不自然なものは作らないようになると思います。

 

 

暑さもひと段落して、これから出かけるのによいシーズンです。

秋は紅葉の季節ですね。

紅葉も自然の変化。日本人は昔から自然の変化を美しいと思って、自然の中に

いることを楽しんでいました。

 

ただ、出かけるのではなく、

自分の心を、自然の心に戻す意識で、お出かけしてみてはいかがでしょう。

 

ゴミをできるだけ出さないような心で・・(ペットボトルを買うのではなく水筒を持って)

ゴミがでても、自然の中においてくるのではなく、ちゃんと持ち帰るような心で・・

 

来た時より、帰るときのほうが、きれいにという心の人が増えたら、

あっというまに地球はぴかぴかの星になるでしょう。

 

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM